「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の物語

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」は、クエンティン・タランティーノ監督による1969年のロサンゼルスを舞台にした映画です。複数のストーリーラインが交差し、劇的なクライマックスに向かって展開します。

主要キャラクター
  1. リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ): 急速に変わる業界でキャリアを復活させようと苦闘する元TVスター。ダルトンは古いハリウッドの栄光の象徴です。
  2. クリフ・ブース(ブラッド・ピット): ダルトンの忠実なスタントマンであり親友。ブースの落ち着いた態度の裏には複雑な過去が隠れています。ブースの物語は、ハリウッドの魅力の裏側と交錯します。
  3. シャロン・テート(マーゴット・ロビー): 上昇中の女優で、ダルトンの隣人。彼女の明るい未来は業界の希望と変化の象徴です。
プロット概要

リック・ダルトンのキャリアの苦悩

リック・ダルトンは、名声が衰える現実と向き合っています。彼のエージェントであるマービン・シュワルツ(アル・パチーノ)は、イタリアに行ってマカロニウェスタンに出演することを提案します。リックはこの提案に不本意ながらも考えます。リックの不安やアルコール依存症は、ハリウッドの変化する風景に対する彼の恐れを強調しています。

クリフ・ブースの旅

クリフ・ブースは、トレーラーで犬のブランディと共に暮らし、自分の生活に満足しています。クリフの過去には、妻を殺したかもしれないという暗い影があり、そのことが彼のキャリアに影を落としています。それにもかかわらず、彼はリックに忠実であり、しばしば彼の運転手や相談相手を務めています。

シャロン・テートの躍進

一方、シャロン・テートは、ハリウッドの新しい波を代表しています。彼女は成功を楽しみ、パーティーに出席し、自分の映画「レッキング・クルー」を劇場で観るなど、活気に満ちた生活を送っています。

マンソン・ファミリー

映画はまた、チャールズ・マンソンが率いるカルト集団であるマンソン・ファミリーを紹介します。彼らはハリウッドの周辺に潜み、クリフ・ブースが緊迫した遭遇をするスパン・ランチに住んでいます。

クライマックス

ストーリーは1969年8月8日の夜、悪名高いテート殺人事件の夜に収束します。マンソン・ファミリーのメンバーは、シャロン・テートの家を襲撃する代わりに、リック・ダルトンを殺すことに決めます。これは彼の暴力的なテレビ役に影響されたためです。これにより、リックの家での対決が発生します。

エンディング

クリフ・ブースは、酸で浸したタバコに酔い、リック・ダルトンと共に襲撃者を撃退します。クリフの戦闘技術とリックの映画の小道具である火炎放射器を使用して脅威を排除します。

映画はリック・ダルトンにとって希望の兆しを見せて終わります。彼はシャロン・テートの家に招かれ、キャリアの再興と新しいハリウッドへの受け入れの象徴となります。

テーマ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」は、変化、ノスタルジア、時間の経過といったテーマを探求しています。ハリウッドの黄金時代の終わりと、進化するエンターテインメント業界に直面する個人の苦闘を反映しています。

全体

この映画は、1960年代のロサンゼルスとハリウッドへの愛の手紙であり、歴史的な出来事とフィクションを融合させています。タランティーノのユーモア、暴力、複雑なストーリーテリングの特徴を組み合わせ、ユニークな映画体験を提供します。